よくある質問

保険のご相談について


Q1: 保険の相談は無料ですか?

  A1: はい。保険のご相談はもちろん無料です。


Q2:予約は必要ですか?

  A2:ご予約優先となっております。
     直接ご来店いただいた場合、担当スタッフが外出していることもございます。


Q3:相談は来店しないといけませんか?

  A3:ご来店いただいても結構ですし、ご希望があればご自宅等,ご都合の良い場所に
     お伺いします。


Q4 : 今、加入している保険の内容の確認だけでもいいですか?

   A4 : もちろん大丈夫です。何年も前に加入した保険だと内容をおぼえていらっしゃら
     ないことも多いと思います。
     ご一緒に確認させていただきます。



Q5 : 保険の見直しは、なぜ必要なのですか?

   A5 : 今、ご加入されている保険は、ご加入当時の生活スタイルや家族構成、またはご
     心配事に合わせてお選びいただいているかと思われます。
     それらは年数が経過するとともに変化していきます。
     保険の内容もその変化にあわせて変えていくことが重要です。
     保険の見直しは、定期的に行うことをお勧めします。
     
Q6 : 知識が全くありませんが、丁寧に教えていただけますか?

   A6 :保険のプロが、基礎から仕組み・体系などさまざまな質問にお答えします。
     ご希望をお聞かせください。



Q7 : いろんな保険を比べてみたいのですが・・・。

   A7 :複数の保険会社での比較が可能です。
     その中で最適な商品を複数ご提案いたします。


Q8 : 平日の夜、土日も相談できますか?

   A8 :はい。できる限り、お客さまのご都合にお応えしたいと思っております。
     ご希望をお聞かせください。



Q9 : ファイナンシャルプランナー(FP)の方に相談できますか?

   A9 :はい。
     AFP資格者(2級FP技能士ファイナンシャルプランニング)が
     在籍しておりますので、ご安心ください。
    
Q10 : 相談にはどのくらいの時間がかかりますか?

   A10 :内容によっても異なりますが、1時間程度かと思われます。



Q11:インターネットで見る保険料と同じ金額で入れますか?

   A11 : 当社で取扱っている保険会社であれば、ネットでご覧いただく情報と同じ金
      額でご加入いただけます。


Q12 : 子供を連れていきたいのですが・・・。

   A12 :キッズスペースをご用意させていただいております。
     本、おもちゃなどもございますので、お子さまもご一緒にご来店ください。




Q13 : 相談すると、セールスがしつこいのでは・・・と心配です。

   A13 :お客さまがもっと提案してほしいとご希望される場合、ご連絡させていただきます
     が、お客さまがご希望されない場合には、セールス目的のみで何度も連絡をさせて
     いただくことはございませんのでご安心ください。


Q14 : 相談すると、最終的に保険に入らないといけないのですか?

   A14 :いいえ、しつこい勧誘は一切いたしません。
     最終的にお客さまが必要と感じた場合に再度ご連絡いただければ結構です。
     今、加入されている保険が今の環境にピッタリであれば、そのままにしておくこ
     とをお勧めします。
     少しでもお悩みを解消することができるようお手伝いさせていただきます。


    

自動車保険


Q1: 息子が免許をとりました。何か変更しなくてはいけませんか?

  A1: ご両親がお使いの車を息子さんも運転されるのであれば、年齢条件変更のお手続
     きが必要です。
     ただし、ご両親と別居されていて帰省した時のみ運転するというような場合は、
     年齢条件変更のお手続きは不要です。


  
Q2:車を買い替えたり、廃車にした場合、何か手続きは必要ですか?

  A2: どちらの場合も、必ずご連絡をください。
     車両の変更手続きや、解約のお手続きが必要となる場合があります。
     ご連絡をいただけないと、保険の効力を発揮できなかったり、無駄な保険料を払
     い続けてしまう可能性がございます。 




Q3:自賠責保険に入ってるけど、任意保険って必要ですか?

  A3: 自賠責保険では相手の人を死傷させてしまった場合の対人事故のみの補償となっ
     ており、相手の「物」に対しては一切お支払いがきません。限度額も死亡の場合
     で、3,000万円と低額ですので、その上乗せとして任意保険のご加入が必要とな
     ります。



Q4:原付の保険ってありますか?

  A4: 原付でも死亡事故は発生しておりますので、高額賠償に備え任意保険の加入をお
     勧めします。
     お車を既にお持ちで自動車保険にご加入していらっしゃる方には「ファミリーバ
     イク特約」を付帯することでカバーすることもできます。


      

Q5:自動車保険に自転車の保険もつけられると聞きましたが・・・

  A5: 自動車保険にはいくつかの特約があり、その中の「個人賠償特約」を付帯してい
     ただくことになります。この特約を付帯していただくと、自転車で他人を死傷さ
     せたり、他人の物にぶつかって壊してしまった場合は、この特約でカバーするこ
     とができます。
     また、自転車運転中のご自身のケガの補償は「交通事故特約」を付帯していただ  
     くことでカバーできます。






                                        

火災保険


Q1: 建物は火災保険に加入しているけど家財の保険は必要ですか?

  A1: 建物の中にある家具や家電、お洋服など、ご自宅にある家財を合算すると意外と
     高額となります。
     それらが火災等で無くなってしまった場合の為に、家財にも火災保険をかけるこ
     とをお勧めします。


Q2: 隣の家が火事になりました。その日が我が家にも燃え移り、建物に損害が生じた場
   合、相手から補償されますか?

  A2: 失火法という法律により、故意や重大な過失がない限り、出火元は賠償する必要
     がないため補償されません。
     したがって、ご自身の自宅の火災保険の加入が必要となります。


Q3:自宅はもう古いので、火災保険の補償額は大きくなくても大丈夫ですか?

  A3: 建物の火災保険は「同じ建物を立て直すとしたら、今現在いくらかかるか」とい
     う新価額でのお引き受けが一般的となっております。
     建物が古くても新価額でのご契約をお勧めいたします。

生命保険

Q1: 若いけど生命保険は必要ありますか?

  A1: 若い人の中には「自分はまだ若いから保険は必要ない」と考える人も多いかもし
     れません。
     しかし、若い人は病気のリスクが低くても、思わぬケガや事故のリスクはむしろ
     高い傾向にあります。
     元気で活動的な時期だからこそ、保険選びをしましょう。


Q2: 持病がある場合でも、加入できる保険はありますか?

  A2: 当社では複数の生命保険を取り扱っております。お引受けの基準は保険会社によ
     って異なりますので、お引受けできる保険会社があるかもしれません。
     まずは、ご相談ください。


Q3: 生命保険に加入するにはどんなことに気を付ければいいですか?
   お勧めの保険はありますか?

  A3: 保険期間・保障額・掛け金等、重視するポイントはいくつもありますが、最も重
     視するポイントは人それぞれです。
     年齢・家族構成・収入・将来のプランなど、まずはご希望をじっくりとお聞か
     せください。
     その上で、お客様にピッタリのプランをお勧めさせていただきます。




    

法人様



Q1:法人向けの保険はありますか?

  A1: 損害保険・生命保険ともにございます。
     業種により必要となる補償はさまざまです。
     特定業種に向けた専用商品もご案内できますのでご相談ください。


Q2: 従業員向けの保険はありますか?

  A2: 業務災害補償で従業員の方のお怪我の補償が可能です。
     また、従業員数10名以上で団体を組むことが可能です。
     団体を設置することで企業さまにも従業員の方にもさまざまなメリットがあります。
     

Q3: 従業員がマイカー通勤をしています。通勤途中で事故があった場合、企業に責任は
   問われますか?

  A3:通常、マイカー通勤の際の事故は従業員個人が責任を負うことになりますが、万
     が一従業員個人の方が保険に入っておらず、無保険だった場合などには企業に
     請求がいくこともあります。
     そのため通勤管理台帳などで従業員の方の通勤状況を管理することをおすすめし
     ます。
     通勤管理台帳の作成でお困りの企業さまは、弊社でもお手伝いさせていただけます
     のでご相談ください。